24時間換気システムについて

24時間換気システムとは?

24時間換気システムとは、
窓を開けなくても外気の空気を室内に入れ、
室内の空気を外に排出するシステムのことを指します。

24時間換気システムが義務化された理由

現代住宅の建築資材などに含まれる化学物質によるアレルギー症状などから「シックハウス症候群」の発症につながることが増えました。
それに伴い、2003年に改正建築基準法により、すべての住宅に24時間換気システムを設置することが義務付けられました。

24時間換気システムの種類

第一種換気システム
空気の給気と排気の両方を、ファンで強制的に行う換気システムです。
3種類のなかで最も安定して正確に換気を行うことができるとされる方式です。
給気も排気も機械によって行うので、空気の流れを一番コントロールしやすいのが特徴です。
第二種換気システム
空気の給気はファンで強制的に行いますが、排気はファンを使わず、室内の排気口から自然排出する
方式です。
この方式はあまり住宅では使用されておらず、機械で強制的に綺麗な空気を外から取り入れるため、
無菌室やクリーンルームに採用されています。
第三種換気システム
給気は室内の給気口から自然に行いますが、排気はファンを使って強制的に行う方式です。
室内の空気がファンで強制的に排出されると、その差圧で給気口から外の空気を取り組む方式です。
ランニングコストが抑えされ、かつ排気は機械で強制的に行うので結露が発生しづらくなるのが特徴です。

エアー断熱工法とは?

エアコン1台だけで家中が年中快適に。
それが「エアー断熱」です。

01空気の
カーテンにして家中を快適温度に。

今の住宅の給気口は屋内を貫通させて空気の流れを作る事が主流になっています。
「エアー断熱」は屋外へ貫通させず、外壁材と外部躯体面材の空間(通気層)を利用します。

02自然地熱で家中を快適に。

家の基礎下にある地中の地熱は年中快適な温度が保たれている事が知られています。
「エアー断熱」はその快適な温度の地熱を家中に送り込む事で年中快適な家を保ちます。

03マイクロコンピューター制御で家中に自動で空気を送り込む。

「エアー断熱」は各所にパイプファンと温湿度センサーが設置されています。
それらをマイクロコンピューターで管理・制御して、適時に自動で家中に快適な空気を送り込みます。
また、コンピュータに異常が生じた時は、登録メールに通知が届き、異常をお知らせしメンテナンスいたします。

エアー断熱工法の特徴とメリット

  • 01結露を抑制
    「エアー断熱」で外壁通気層に常に空気を流しているため、壁内に熱がこもりにくく、冬季の結露が激減します。
  • 02ホコリがゼロ
    家中に舞う埃をファンが吸い出すので、屋内には埃がたまりにくくなります。
  • 03生活臭の改善
    「エアー断熱」は家中の空気を常に吸出しますので、玄関やクローゼットにもファンを設置する事でカビ予防・消臭効果が期待できます。
  • 04光熱費の削減
    エアコン1台あれば、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるので、光熱費も削減が期待できます。
  • 05外観デザインが
    スッキリ
    「エアー断熱」は外部に換気口がありません。よって、家の外観を損なうことがなくデザインもスッキリします。

施工実績を見る

ツイン・エアー・フレッシュとは?

屋内の面倒なダクト工事を必要としない
ダクトレス熱交換システムです。

熱交換換気システム
LT-50シリーズ製品のご紹介

熱交換のしくみ

基本的に偶数台を設置し、
一台が給気の際にもう一台が排気の役割をします。
約70秒ごとに役割が交代します。

熱交換システムのメリット

01ダクトレスだからお手入れ簡単

壁掛け式でダクトが無いため、メンテナンスが容易です。
お住まいの方ご自身でメンテナンスしていただけます。

02高効率/低消費電力

ECモーターだから高効率

ECモーターだから、比消費電力、
騒音値、共に業界最小レベル。
ZEH申請にも有利。

蓄熱セラミックだから長寿命

湿度交換も同時に行う、
「全熱式」熱交換素子を採用。
室内の湿度も逃さないので、
乾燥する冬場も、部屋の湿度を保ちます。

03清潔

PM2.5、アレルゲン、防臭対応フィルター

ダクトがいらないから、ダクト内部の汚れ
心配する必要がありません。
日本スティーベルが開発に協力した
ハイクオリティーフィルター
(オプション品)は、PM2.5を80%除去。
業界では唯一となるアレルキャッチャー
機能を搭載しています。

お客様の声

施工実績を見る